YOKOHAMA AOBA ORCHESTRA - CONDUCTOR

 先生紹介

■松下 京介 (指揮)

香川県出身。高松第一高校音楽科、昭和音楽大学音楽学部作曲学科指揮コース卒業。 星出豊、樋本英一の各氏に師事。下八川圭祐基金、昭和音楽大学同伶会留学生奨学金を得、イタリア国立ミラノ・ヴェルディ音楽院、シエナ・キジアーナ音楽院で学ぶ。帰国後は小澤征爾、広上淳一、チョン・ミュンフン、G・カレッラ等著名な指揮者の下、新国立劇場、藤原歌劇団、東京二期会、サイトウキネンフェスティバル等で副指揮、合唱指揮を務める。 2005年バルトーク国際オペラ指揮コンクール(ルーマニア)第1位、2007年ルイージ・マンチネッリ国際オペラ指揮者コンクール(イタリア)第2位を獲得。 これまでに藤原歌劇団「ラ・ボエーム」「カルメン」、ミラマーレオペラ「愛の妙薬」、日本オペラ協会「夕鶴」、昭和音楽大学オペラ、同大学管弦楽定期演奏会、文化庁「本物の舞台芸術体験事業」オペラ公演、 ミューザ川崎フェスタサマーミューザ、第21回山口国民文化祭・オーケストラの祭典「大学のステージ」等を指揮。 また日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京ユニバーサルフィルハーモニー管弦楽団、東京フェスティバルオーケストラ等、国内の主要オーケストラを指揮している。 海外での活動も多く、ウィーン国立歌劇場、リセウ大劇場、トリノ王立歌劇場、ネーデルランドオペラ、モンテカルロオペラ等、数多くの劇場で研鑽を積み、 「リゴレット」「カヴァレリア・ルスティカーナ」「パリアッチ」「フィガロの結婚」「ファルスタッフ」等の公演をヨーロッパ各地で指揮した。イタリアのオペラ専門誌"L'OPERA"誌上で好評を得る等、評価も高い。 2009年10月、ロハ・シンフォニーオーケストラ(エクアドル)を指揮。 第34回川崎市アゼリア輝賞、2009年3月には香川県文化芸術新人賞を受賞。

■角 岳史 (指揮)

島根県に生まれる。東京学芸大学芸術課程音楽科卒業。指揮と作曲を学ぶ。1995年よりウィーンに留学し研鑽を積む。1996年より2009年まで(財)日本オペレッタ協会の全ての公演において、指揮者または合唱指揮者として、『こうもり』『メリー・ウィドウ』をはじめとする数多くのオペレッタに携わる。オペラでも、これまで各地の団体でモーツァルトの『フィガロの結婚』『ドン・ジョヴァンニ』『魔笛』、ヴェルディの『椿姫』『リゴレット』、プッチーニの『ボエーム』、ビゼーの『カルメン』、フンパーディンクの『ヘンゼルとグレーテル』、團伊久磨『夕鶴』などを指揮。1998~1999シーズンには劇団四季のロングラン公演『オペラ座の怪人』でミュージカル指揮者としても活動。トラや合唱の指揮者、指導者としても各方面で活躍している。近年では、コンサートやオペレッタの舞台のプロデュース、構成演出、台本なども手がけている。現在、東京オペレッタ劇場音楽監督。 指揮を井崎正浩、湯浅勇二、松尾葉子、 ヴァラディ・カタリン、ルドルフ・ビーブルの各氏に、作曲を故青木祐二、吉崎清富の各氏に師事。


■水戸博之(指揮)

1988年北海道江別市出身。北海道立大麻高等学校を経て、東京音楽大学音楽学部作曲指揮専攻(指揮)及び同大学大学院指揮研究領域を卒業。これまでに指揮を広上淳一、汐澤安彦、田代俊文、加納明洋、三河正典に、ピアノを奥山優香、北島公彦、米田栄子、野田清隆、音楽理論を伊左治直の各氏に師事。2007~2012年東京音楽大学給費特待奨学生。在学中、井上道義指揮者講習会にて優秀者に選出。同講習会主催リレーコンサートにてオーケストラアンサンブル金沢を指揮。2010年サントリーホール主催レインボウデビューコンサート21出演。2012年東総文化会館主催「東総の第九」公演にて、東京音楽大学シンフォニーオーケストラを指揮。またNHK交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団定期演奏会において東京混声合唱団の合唱指揮を務める。現在、京都市ジュニアオーケストラ副指揮者。


■井伊桃子(ヴァイオリン)

国立音楽大学付属高校を経て大学器楽科ヴァイオリン専攻卒業。在学中にBSN新潟音楽コンクール優秀賞受賞。東京シティフィルハーモニック管弦楽団に在団後、関西にてフリーで プロオケ、カルテット 録音、邦楽共演など活躍。現在横浜都筑区在住。多数の生徒指導の傍ら、弦楽アンサンブル指導、アマオケのトレーナー、ソロ、カルテット、トリオ、など幅広い演奏活動を行っている。吉川豪一、守岡 輝、堀 伝、各氏に師事。


■逢坂美穂(チェロ)

菅野博文、アルトゥーロ.ボヌッチ、杉原捷子各氏にチェロを師事。斉藤鶴吉、故 数住岸子各氏に室内楽を師事。昭和音楽大学器楽科卒業。昭和音楽大学研究科修了。 現在、昭和音楽大学付属音楽教室講師をする傍ら、東京交響楽団、ニューフィルハーモニー千葉などのオーケストラ、マクリアカルテット、JAMトリオなどの室内楽も積極的に活動している。


■内田隆太郎(管トレーナー・ホルン)

1999年武蔵野音楽大学卒業。ホルンを須山芳博、故田中正大、水野信行の各氏に、室内楽をミクロシュ・ナジに師事。モーツァルテウム夏期国際アカデミーにてラドヴァン・ヴラトコヴィッチ氏に師事。その他各地のマスタークラスにてE.ペンツェル、W.ガーク、L.ゼーマンの各氏に師事。現在、フリーランスプレイヤーとしてオーケストラ、室内楽等での演奏活動や後進の指導を行っている。アンサンブルパルナスメンバー。